色々な契約方法がある

車と電卓

購入との違いを把握

ビジネス上では、リース契約はよくあります。固定資産を取得するとき、帳簿上に載せないで保有したり取得費用を分散できる等のメリットがあります。個人ではあまりリースサービスの利用は少ないかもしれませんが、個人向けのカーリースサービスが注目されています。自動車は購入かレンタカーでの利用が多いですが、購入とは違った形で保有するのがカーリースになります。レンタルのイメージがあるかもしれませんが、レンタカーの要素はあまりありません。カーリースを利用するメリットは、車両費用、車検費用、自動車にかかる税金などがすべて毎月のリース料に含まれている点でしょう。車を保有するとき、初期費用と将来掛かる費用を気にする必要がありました。車検や税金はある程度はわかるものの、一定期間にまとまったお金を用意しなければいけません。その他、購入に比べると割安に利用できる可能性があります。リース料における車両費用は車両価格を利用期間で割った金額ではなく、残価を差し引いた金額で割っています。カーリース利用時に注意したい点は、いろいろな契約がある点でしょう。走行距離が決められている契約では、決められた距離によってリース料が変化します。少ない設定ならリース料も安くなりますが、契約以上の距離を走れません。利用に応じた距離で選択しておけば、通常よりも安く利用できる可能性があります。リース終了後も契約によって異なり、再リース契約ができるところもあれば、購入できるところもあります。購入となると、最初から購入するのに比べるとコスト高になるときがあります。